フォト
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

youtube ねた

2019年2月17日 (日)

Rolland White and Friend

皆さん大好きローランドホワイト!

この方のウッディーなマンドリンサウンドえぇですよねheart04
レジェンドなお方ですが、近寄りがたい雰囲気は全くありません。親近感を抱いております。




トリビュートアルバムを出しておられるのはご存知ですか?
ひょっとこして、買うのを忘れてたとか、、、

上記リンクのYoutube、まさにアルバムその物ですsign01

収録曲は全部で12曲。

Img008_2
Youtubeでの出だし曲"Nine Pound Hammer"は2曲目に収録されております。
割とまっとうな感じでスタートします。マンドリン→ギター→バンジョーと一巡した後は、これでもか、これでもかと手を変え、品を変えてアレンジが続きます。これは面白いhappy01

Scott Bensonのバンジョーで始まる"FAREWELL BLUES"。WhiteのマンドリンとJeremy darrowのベース他ががリズムを刻んでまいります、、、
フィドルが終わりJon Stickkeyのギター辺りから風雲急を告げる様にも聞こえます。

モリーさんとかデビットグリアーさんのギターも聞けますよ。
どこででしょうか?

その辺は買ってからのお楽しみと言う事で happy01

Img007_3
お求めはBOMサービスさんで!
http://bomserv.com/NewsLetter/news460.html#01
お電話は0797-87-0561です。

2019年2月10日 (日)

Molly & Jac

Img003_3

Molly さん、8歳のころからギターを始め、すぐにボーカルやバンジョーもマスターされたそうです。
13歳のおりに、父親のJackさんとCDレコーディングされまして、これがその実質上のデビュCDです。

全収録15曲中の、1曲目はJim & Jesseの”I Wish You Knew"です。
御本家Jim & Jesseはマンドリンからのスタートですが、こちらは軽やかなバンジョーサウンドからです。まだまだ幼い歌姫が懸命に歌って下さいます。

Mollyさん、このCD中でもギターだけでなくバンジョーも披露して下さいます。
7年前のYoutubeからですが、、、



彼女、ギターの凄腕で有名ですがOldTime風バンジョーもえぇですよね。

この、曲”Graveyard”は3曲目に収録されております。
直訳すると”お墓”ですよねcoldsweats02
なんでもカズン・エミーの死を扱った曲やそうで、聴いての通りちょいと重い曲です。
CDの中では13歳の女子が歌ってます。

多感な年代の彼女が懸命に病気と闘っているイメージとダブって聞いてました。

Muleskinner BluesとかKentucky WaltzとかLittle Maggieとか聞きなじみのある曲も多数収録されてます。

お求めはBOMサービスさんで!
http://bomserv.com/NEWS/diary20180901.html
お電話は0797-87-0561です。

Img005

2019年1月20日 (日)

Old Time Music Jam

平日ではございますがオールドタイムミュージックのジャム会が行われております。

仕事もありますので参加は出来ておりませんが、ご親切でジャム会での曲目を教えて頂けました。
YouTube通して、一緒に予習はどうですか?

Key:A
Buffalo Gals




Key:A
June Apple





Key:A 
Mississippi Sawyer





次回のジャム会は

日時:2月12日(火)14:00~17:00
場所:「カレーとコーヒーとチャイ かばくん」 JR鷹取駅から徒歩4分です。
料金:参加費として200円+ワンドリンクの注文をお願いします。
住所:〒653-0039 兵庫県神戸市長田区日吉町6丁目6−14
HP:https://www.facebook.com/kabakuncurry/

初めての方はリスナー参加からいかがでしょうか。
ワンドリンクのオーダーのみで偵察できますよhappy01

そしてまたカレーが美味だそうですlovely

蛇足でございますが1/9のジャム会でのセットリストです。

Key of D
Sugar Hill
Fly Around My Pretty Little Miss
Twin Sisters
West Fork Girls
Yellow Rose of Texas
Sal's Got Mud Between Her Toes
Arkansas Traveler
Soldier's Joy
Forked Deer
Sally Ann
Ragtime Annie
Bonaparte Crossing The Rhine
Rock That Cradle Joe
Chinquapin
Shove The Pig’s Foot Little Further Into Fire

Key of A
Buffalo Gals
June Apple
Granny
Niches Over The Hill
Sandy Boy
Mississippi Sawyer
Boatsman
Jenny Lynn

ではではscissors

2018年12月30日 (日)

さよなら 2018

2018年の最終回となりました。

今年の漢字は”災”やったそうです。

大阪で地震もありましたし、西日本豪雨もありました。
ブルーグラス仲間でも影響を受けた方々が多いと思います。

さらに台風もよく来てました。暑さも災害級と言う表現もなされてましたweep

たしかに災いの年でしたね。

坂庭さんの染みる歌声、宮崎さんのコロコロと鳴るマンドリン。
マーチのような勇壮さではないのですが、心に強さが宿ってくるような曲ですね。
ほんま、年月かけてのフィルターを通して濾されてきた名曲ですhappy01



2018年12月23日 (日)

ありがとうございました。

月亭可朝さん

今年の3月28日に亡くなられています。
子供心に破天荒な人やなぁ、正に芸人さんやなぁと思ってました。

月亭なのですが、実は桂米朝さんのお弟子さん。

ある道で女性が一人歩いておられます。
峠に差し掛かったところ、、、



そら危ないでぇ~
また別の男が、、、そら危ないでぇ~coldsweats01



関西人にとってはお笑いが一番大事sign01
二番目に大事なのがブルーグラスsign02

ロイクラークさんも亡くなられました。
10月の15日だそうです。





ほんと、すごい方ですね~sign01
確かにギターウィザードですhappy01

他にも西城秀樹さんとか”さくらももこ”さんとか”津川”さんとか、、、
たくさん楽しませて頂いた方々が続々と亡くなられました。

私の年齢からすると、親の世代のみならず兄とか姉の世代が旅立つようになってしまいました。年をとるのは速いものですね~

諸先輩、ありがとうございました。

2018年12月 9日 (日)

気が付けば12月!

おっと、もう12月。それも中旬に突入ですね。

時は元禄15年12月14日、江戸の夜風を震わせて響くは山鹿流の陣太鼓。

で、お馴染みの季節です。

久しぶりにゴローショーさんの名演を見とぅございます。





そしてその2です。





やっぱり谷さん、最高です。
そしてギャグを支える確かな演奏技術!

最後は本家、三波春夫さんバージョンです。




ゴローショー情報です。

年明けの2/2(土)
京都のホンキートンクにてライブがあります。
18:00開演、チャージ2500円。
なんでも55席中、40席は埋まってるとか、SOLD OUT必至ですね。

ご予約はホンキートンクまで!
電話:075-701-8015

2018年10月 8日 (月)

イッチサックさん


イッチサックさん


広島方面で活動されているバンドさんです。





このノリ、そして歌唱力!
えぇですねー、いやぁーマリリンモンローも真っ青ですねhappy01


バンドさんとしては長い経験をお持ちのようです。





スローな曲からアップテンポまで、しこたまのレパートリーをお持ちやったようですね。


その経験がジャグバンドに生かされるとしたら、そらもう楽しみですね。





この経験あるバンドさんに ゐずみたに さんがタブベで助っ人となればこれは スターバンドですね!

FaceBand上ですがバンドのページもお持ちです。

https://www.facebook.com/icchisack/

関西ではなかなか聞く事ができませんが、大阪で演奏を聴く事ができますよ~good

42170171_2182190495146738_559292573

2018年9月16日 (日)

Dixie




南北戦争当時、北軍の行進曲がリバプリック讃歌なら南軍の行進曲はこの『ディキシー』でした。
物を知らんものですから、この『ディキシー』と言うのはどこの州の事かいなと調べてみてビックリでしたcoldsweats01
Wikiによりますと『南部諸州』の通称やそうです。因みに諸州と言いますが11の州で構成されていました。

コーラス部分は、、、
Then I wish I was in Dixie! Hooray! Hooray!
In Dixie's Land I'll take my stand,to live and die in Dixie!
Away! Away! Away down South in Dixie!
Away! Away! Away down South in Dixie!

ディキシーよ、遥かなる南部、俺らはそこで生まれ、育ち、死んでいくんだ~
遥かな、遥かな南部、ディキシーよ♪

って感じでしょうか。望郷の歌ですね。

リバプリック讃歌と同様、米国人の心を打つ音楽ですから映画等でも用いられております。





御存じ『黄色いリボン』のワンシーンです。
元南軍准将が亡くなる時にDixieが流されます。この動画の2分目あたりです。
この後の葬儀のシーンと言い、ジョンフォード監督のDixie愛が感じられました。

さて、日本ではこんな方が取り上げておられます。





御存じ『やぎたこ』さんです。
撮影&編集はRokuumaさん。


この曲をバリバリなブルーグラスにアレンジしたのを捜したのですが見つかりませんでした。

Dixieつながりと言う事で、輪を広げてみましょう。

有名処ではありますが、Dear Old Dixieっちゅうのはどうでしょうか?
いきなりのカメラ目線、漫談部分からお楽しみください。





これまた撮影&編集はRokuumaさんです。


Dixieつながりでもう一曲、Day brake in Diexie

Del McCoury Bandですがゲストが凄い!
Sam BushさんとDavid Grisman がゲストでございます。






ではでは~good

2018年9月 9日 (日)

リバプリック讃歌

リバプリック讃歌、こちら日本でもCMとか童謡とかでお馴染みの曲でございますね。

原題はThe Battle Hymn of the Republic、直訳しますと、”共和国の戦闘讃歌”えらい題ですなーcoldsweats02
それもそのはず南北戦争当時の北軍行進曲やそうです。

自称作曲者はおられるものの、世間はそれを認めていないようですから、原曲はほぼ民謡状態やったみたいです。

それに歌詞をつけて消防隊のテーマになったり、奴隷制度廃止論者のジョン・ブラウンを讃える歌となったりして、替え歌的に広まっていったんでしょうね。

南北戦争中の1861年に今のような歌詞がつけられて北軍の行進曲なりました。

コーラス部分で繰り返される歌詞、、、

Glory, glory, hallelujah!
Glory, glory, hallelujah!
Glory, glory, hallelujah!
His truth is marching on

栄光を栄光を、ヤハを讃えよ!
栄光を栄光を、ヤハを讃えよ!
栄光を栄光を、ヤハを讃えよ!
主の真理は進軍する。

ですから、これはもう讃美歌そのものですね。北軍を正当化するために宗教的権威付けをしたのでしょう。

北軍の勝利を経てアメリカ陸軍の、そして米国を称える歌となっていきます。

第二次世界大戦中には空挺部隊の応援曲バージョンも派生します。
興味深いのは歌詞でして、、、”あいつは、おっ死んじまって、もう二度とジャンプできないぜ。”みたいな内容で非常に自虐的なものとなっております。アメリカンジョークですねhappy01
ドラマBand of Brothersの中でもこの歌は歌われておりました。




戦争が終わっての1949年、レッドニコルソンはジャズにアレンジした曲を録音発売いたします。
彼の自伝的映画”五つの銅貨”でも一つのエピソードとして取り上げられています。





アームストロングも歌う、エルビスプレスリーも歌う、ジョーンバエズも歌う。
日本語歌詞が付けられ子供も歌う、CMソングとしてテレビでも流れる。
世界中でのヒット曲になっております。





最後はやっぱりブルーグラスバージョンで締めましょう。
お馴染みのカントリージェントルマンです。
ではではhappy01






2018年8月26日 (日)

High Fidelity

『High Fidelity』さんってバンドが気になっています。

どうですか?お気に召されたのではないでしょうか?

私なんかはツボにはまった感じですねんhappy01


BOM秋元さんが見事なキャッチを作文されていました。
 

「最近のブルーグラスは、」とお嘆きの皆さんに是非、聞いていただきたい作品。黄金時代ブルーグラスの熱気を現代に引き継ぐハイ・フィディリティ、レベル・デビュー作。

CDアルバムリリースされています。

123


456

5曲目のFollow The Leader、ツイン・バンジョーにフィドルが絡んできて面白いですよhappy01

BOMサービスさんにて絶賛発売中sign03
お電話は Tel:0797-87-0561

ps.

8/27(月)谷五郎さんの番組内コーナー、ブルーグラスナウでは先週にお知らせした『EPILOGUE』が取り上げられていました。
ラジコで聴けますよ。
http://radiko.jp/#!/ts/CRK/20180827100000
秋元さんの解説、勉強になりますわscissors

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー