フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 薔薇 | トップページ | ジャカジャカブルーグラス2018 その壱 »

2018年5月27日 (日)

6月ライブ情報


パウリー&Misa

日時:6/2日(土)18:00-
場所:元町シルク
料金:¥1000- 1D付
123

山内ピク/やなぎ
日時:6/2(土)18:00-
場所:山陽網干 つどい場 TAO 姫路市網干区新在家505 
予約・問合せ:079-227-7722 090-9872-5338
料金:当日¥1,800-(1dr)

やなぎ/一匹どんぐり/kazun
日時:6/5(火)20:00-
場所:神戸 Brothers & Sisters 神戸市中央区下山手通2-16-2サンビルB1 078-322-0208
料金:¥2,000-

吉崎ひろし ランチタイムコンサート
日時:6/8(金) 11:30-
場所:三田市総合文化センター 郷の音ホール アクトスクエア
料金:一般 ¥800 Sato-Netくらぶ ¥500
予約・お問い合わせ:郷の音ホール チケットセンター 079-559-8101
789
ファジーグラスライブ
日時:6/9日(土)
場所:元町シルク
詳細未定、シルクへお尋ねください。

酒遊人、弾き語りライブ
日時:15日(金) 19:00-
場所:元町シルク
料金:投げ銭1D要

豊田勇造&ラグパパスジャグバンド
日時:6/16日(土)開場PM3:30 開演4:00
場所:元町シルク
料金:¥3000- 1D付

456

扇笑亭一茶 弾き語り落語
日時:22日(金) 19:00-
場所:元町シルク
料金:
備考:料金等詳細は元町シルクへお問い合わせ下さい。

ユルいことになったんやぁ・・・vol:2
日時:6/17日(日) 15:00-
場所:元町シルク
料金:¥2300- D別途
123


フェスタdeアミーゴ
6/23日(土)14:00~
場所:元町シルク
料金:¥1000- D別

プロパン伊藤withよしだひさのぶ 親子ライブ!!
日時:28日(木) 19:30-
場所:元町シルク
料金:
備考:料金等詳細は元町シルクへお問い合わせ下さい。
Ito1

神戸ブルーグラスジャム #58
日時:6/30日(土) 14:00-
場所:元町シルク
料金:¥1000- D別
     

元町シルクロードでは、金曜夜のギター弾き語りライブを募集中だそうです。どうぞ問い合わせ下さいませ。

突然の変更等ありえますのでお出かけ前には主催者への御確認をお勧めします。

シルクロード
電話:078-371-6747
参考:http://blog.livedoor.jp/silkroadkobe/archives/4868393.html

PS. 下記のライブハウスでも興味深いライブが用意されていますよ~

フォロロマーノさとる
電話:078-821-3106
住所:〒657-0054 神戸市灘区稗原町1-4-16グランディア六甲道2F
参考:https://www.facebook.com/pages/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AD%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%81%95%E3%81%A8%E3%82%8B/469881239806433

壱服庵
電話:0798-51-0210
住所:663-8004 兵庫県 西宮市下大市東町20-5フェニックス門戸3階
参考:https://www.facebook.com/ippukuan

ダートマスクラブ
電話:0798-66-4911
住所:663-8113 兵庫県 西宮市甲子園口北町1-22 B1
参考:https://www.facebook.com/dartmouthclub

神戸ホンキートンク(Hoboさんのブログです。)
http://hobot2.blog.so-net.ne.jp/
電話:078-241-2161
住所:神戸市中央区 加納町 2-2-2

« 薔薇 | トップページ | ジャカジャカブルーグラス2018 その壱 »

ライブ情報/レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1295016/73540283

この記事へのトラックバック一覧です: 6月ライブ情報:

« 薔薇 | トップページ | ジャカジャカブルーグラス2018 その壱 »